小学生の英語自宅学習におすすめの方法10人の体験談!

小学生の英語の家庭(自宅)学習

小学校では英語教育が始まって、自宅ではどのように子どもに英語を教えたらいいんだろうと思っている保護者もいらっしゃるでしょう。

2020年には小学3年生からの必修化と小学5 年生からの教科化が完全に実施される予定なので、小学生の子供さんを持つ家庭では自宅での英語学習を取り入れていたらスムーズでしょう。

今回はそのおすすめの英語自宅学習法を10名の方にお聞きしましたので、ご紹介します。

 

 

小学生の英語の自宅学習法おすすめ

 

 

愛知県在住 40代のお母さん

英検を受けさせようと思い、本屋で「英検5級をひとつひとつわかりやすく。」という学研の問題集を買って一緒にやり始めました。

この問題集は、絵も多くかわいらしい雰囲気で、わかりやすく書いてあります。

左半分が解説で、右半分が問題になっているので、一緒に解説を読んでから、子どもが自分でとくという形で進めました。

問題が多すぎるとやる気がなくなってしまうので、問題が多すぎないのもいい点だと思います。

まだ、学校で、文法を習っていない時期に始めるのであれば、いきなり過去問は無理なので、解説が詳しいこの本を選びました。

わからない単語は、まず付箋に書きます。厚紙を2枚用意して、1枚の厚紙を覚えていない単語が書かれた付箋を貼るものとし、覚えることができたら、もう1枚の厚紙にうつすいう形で、単語を覚えていきました。

覚えた単語が目に見えてわかるので、単語を覚えるモチベーションが高まり、よかったと思います。

5級と4級は小学校6年生の時に取りました。

中学校で英語を始める準備になればいいという思いで始めました。家での学習なので、身が入らないということもありましたが、多すぎる問題集ではないので、一通り学習することができ、付箋に書いた単語も覚えて無事合格することができました。

中学校1年生の1月に同様の勉強方法で3級を受験し、合格することができました。

 

英語の学習は効果はあった?

小学校時代に家で英語に触れていたので、中学生になっても英語は得意教科となっています。

英会話を習っている子でも、文法は苦手で、学校の英語は嫌いという子もいます。

家であまりお金をかけなくても、小学生時代に少し文法に触れさせてあげると中学生になって英語が得意になると思います。効果はあったと思います。

 

 

 

石川県の20代、自分がやっていたこと

私自身が、英語の自宅学習を行なっていました。
母が、教育熱心であった為、教材をたくさん買ってきて、私にやるように言っていました。
そのたくさんの教材の中でも、小学生の私が特に印象に残っている教材は、「マザーグースのうた」です。
この、マザーグースの歌は、Amazonでも売られていますが、マザーグースの楽しい歌とともに、英語を学ぼうというものです。
私は、このマザーグースの歌を聴いて、英語が大好きになりました。
もちろん、歌の好みはあるとは思いますが、Amazonで売られているマザーグースの歌は、5枚セットですので、どのようなお子様でもぴったり合う曲があるのではないでしょうか。
マザーグースの歌を、母親とともに歌いました。
小学生の頃だったのですが、母親が仕事で忙しく、なかなか遊んでもらえていなかったので、マザーグースの歌を一緒に歌う、ということが大変楽しい記憶として残っています。
そして、マザーグースの歌を1人で、英語で歌っていると、母親から褒められて、さらに調子に乗って英語を勉強したりしました。
お母様方の、小学生の小さいうちから、英語を楽しく学ばせようという心遣いが素晴らしいな、と思います。
ぜひ、マザーグースの歌を一緒に歌い、楽しく英語を勉強させてみてください。

 

英語の学習は効果はあった?

大変効果を実感しています。小学生の頃に、英語を自宅で勉強していた為、中学校に上がってからも、すんなりと英語に親しむことができました。テストでは、いつも90点近くは取れていましたし、高校は英語科に進学しました。母親には大変感謝をしています。

 

 

 

青森県20代のお母さん

私自身が、英語の自宅学習を行なっていました。
母が、教育熱心であった為、教材をたくさん買ってきて、私にやるように言っていました。
そのたくさんの教材の中でも、小学生の私が特に印象に残っている教材は、「マザーグースのうた」です。
この、マザーグースの歌は、Amazonでも売られていますが、マザーグースの楽しい歌とともに、英語を学ぼうというものです。
私は、このマザーグースの歌を聴いて、英語が大好きになりました。
もちろん、歌の好みはあるとは思いますが、Amazonで売られているマザーグースの歌は、5枚セットですので、どのようなお子様でもぴったり合う曲があるのではないでしょうか。
マザーグースの歌を、母親とともに歌いました。
小学生の頃だったのですが、母親が仕事で忙しく、なかなか遊んでもらえていなかったので、マザーグースの歌を一緒に歌う、ということが大変楽しい記憶として残っています。
そして、マザーグースの歌を1人で、英語で歌っていると、母親から褒められて、さらに調子に乗って英語を勉強したりしました。
お母様方の、小学生の小さいうちから、英語を楽しく学ばせようという心遣いが素晴らしいな、と思います。
ぜひ、マザーグースの歌を一緒に歌い、楽しく英語を勉強させてみてください。

 

英語の学習は効果はあった?

 

大変効果を実感しています。小学生の頃に、英語を自宅で勉強していた為、中学校に上がってからも、すんなりと英語に親しむことができました。テストでは、いつも90点近くは取れていましたし、高校は英語科に進学しました。母親には大変感謝をしています。

 

 

 

宮城県20代のお母さん

私は洋楽やアメリカの子供向け番組を見ていました。子供もころは特に、リスニングやスピーキングに力を入れるとその後の英語力に大きな差がつきます。子供向けの音楽を聴いていた私は自然と歌詞を歌っていたとお母さんに言われました。子供は真似るのが好きなのでとてもいい方法だと思います。当時は自宅学習と並行して、小さい英会話教室に通っていて、そこで借りた簡単な英語の絵本なども読んでいました。簡単な英語の絵本だと、簡単な単語を絵と一緒に見て覚えられるので、とてもいい方法だなと思います。また、私はとても環境に恵まれていたので、外国人の方と触れ合える機会が多かったと思います。子供の頃だと、どんなに英語が間違っていても話すことに恐れたりせず、また、面白いことに、たった数個の単語だけで外国人とコミュニケーションをとることが可能でした。それもまた、モチベーションに繋がり英語への意欲の向上、英語への興味・関心、そして積極的に英語を学ぼうという気持ちに変わったのを覚えています。簡単にまとめると、私が子供の頃にやっていた英語の自宅学習は、英語の音楽を聴いて真似る、そして英語の本(自分が興味のある)をできるだけ多く読むことだったと思います。

 

英語の学習は効果はあった?

今現在、アメリカに留学中ですが、小学生の頃に行っていたことは今にもつながっています。面白いことに当時口に出して喋っていた単語や、よく使っていた単語を今でもはっきりと覚えています。またよくリスニング力がいいよねと言われるのですが、それも小学生の時に意欲を持って英語に触れていたおかげだと思います。

 

 

 

東京都20代女性中学生

洋楽を聴いて、真似して歌っていました。英語の先生が洋楽が好きでよく聞かせてくれていました。最近の曲は文字数も多く、早口ですがオススメはカーペンターズです。有名な曲も多く、なんとなく口ずさめる曲も多くあるかと思います。さらに、ゆっくりした曲調の曲だと、英語が聞き取りやすかったですし、真似して歌いやすかったです。分かりやすい英語も多く、意味のわからない英語ではなかったので取り組みやすかったです。
もう一つオススメなのが、リトルチャロなどの英語のアニメです。リトルチャロは英語学習用に作られていますので、素直な英文が多く、学習にはもってこいです。さらに、ゆっくり聞き取りやすい英語なので英会話の学習になるかと思います。他にもユーチューブには、日本の昔話の桃太郎を英語にしてみたものなど、誰もが知っている物語が英語で映像とともに流れているものがあります。物語の流れから英語を解釈することをできますし初見でも楽しみながら英語も学習できると思います。
わたしは、中学生の時に行っていましたが、小学生でも実践できるのではないかなと思っています。自分の興味に合うもので英語を取り入れれば、取り組みやすいのではないかなと思います。

 

英語の学習は効果はあった?

 

今では聞き取りはけっこうできるようになりました。なんとなく自分も同じように寄せて発音することで英語のリズムを掴むこともでき、簡単な英語の流れはわかるようになり会話へのスヘップにもなっていると思います。

 

 

 

 

神奈川県40代お母さん

 

近所の英語教室に通っていたましたが、子供の都合でやめることになり通信教材を始めました。パソコンで自分の好きな時間に自分のレベル設定がしてある専用のレッスンを受けて、テキストもあるので、そのつど他の科目の勉強と同じように勉強し、月に一度、外国人の先生とパソコンのスカイプで英会話レッスンを受けています。この、英会話レッスンがとても良く、以前の英会話教室では、日本人の先生に教わっていましたが、中々効果を感じる事ができず、どうせやるなら、外国人の先生のほうが、普段から接していれば慣れるだろうという思い始めたところ、やはり外国人とは普段接する機会が、あまりないので、初めてのレッスン時は、子供はかなり緊張し、慣れていないのでガチガチになっていましたが、慣れてくると笑顔が出てきて、落ち着いて先生の話すことに集中するようになりました。親の私も、最初は子供がちゃんと話すことが、できるか不安で隣でひやひやしながら、聞いていましたが、なによりも、先生が明るくて盛り上げようと楽しくレッスンをしてくださるのがありがたかったです。はじめて、1年くらいになりますが、子供は毎回先生を、誰に使用かと、自分で決めています。始めてよかったと、とても思っています。

 

英語の学習は効果はあった?

もともと、近所の英会話教室でやっていたので、子供にとって、英語は身近なものだったのか、通信教材に変えてからも変わらず、効果が出てきていると思います。特に、パソコンによる、スカイプのレッスンはとても効果がでていると核心しています。

 

 

 

富山県40代お母さん

英語のカードを手作りして、かるたの様にして遊びました。市販でも売っているので、おうち遊びにはかなり良かったです。
動物や食べ物のカードなので、親しみがあり、英語に興味が持てたと思います。
車の中では英語の子供用CDをかけて一緒に歌いました。歌ったというより、毎日流して、耳が慣れていったと思います。
とりあえず、じぶんが知っている簡単な英語や、文章を毎日話かけてみました。
興味を持ってくれて、それなに?って聞いてくれたらラッキーな感じで、教えてあげました。
お風呂でも数をかぞえたり、好きな色や食べものを英語で答えさせたりします。
簡単な挨拶もおしえて、毎日実行します。
外国人主催のイベントにも何回か連れていきました。外国人がフレンドリーに話しかけてくれるので、少しずつ彼らと話したいという気持ちが芽生えてきて、なんとかコミュニケーションをとろうとする姿勢が見られました。外国人がいまでは大好きなようです。
家族で、海外旅行にも挑戦しました。グアムなど近いところですが、異国の楽しさをしって、英語を話したい気持ちにさせています。
いろいろあげましたが、結局は本人が英語に興味が持てるようにということに力を入れました。やりたい気持ちがあると、きっと上達も早いと思います。

 

英語の学習は効果はあった?

 

実際、上記の方法で、塾にも通わず成果は上がったと思います。今中学一年生になり、英語の授業が始まりました。ほとんど単語を書いたことがなく、ONEというスペルさえやっと覚えてます。ですが、ヒアリングはよいらしく、楽しく授業を前向きに受けてます。試験結果は毎回90点以上取れてます。これには親の私もびっくりしてます。本人ががんばりたい気持ちが強いのだとおもいます。また、4月からラジオ英会話も聴きはじめました。これも、効果があるようです。塾にいまのところ入れるつもりはありません。

 

 

 

兵庫県30代お母さん

 

まずはアルファベットを書く練習からです。ABCなどなぞるプリントをさせます。書くことに慣れてもらえばぐしゃぐしゃでも構いません。なぞることを嫌がる場合は、ノートを用意し、上の段に見本を書き、下の段に書いてもらったりします。ABCが読めるようになれば、次は単語になります。もちろんアルファベットと同じように書く作業を好む子供にはそれをさし、プラスアルファで、手作りゲームを作ります。真剣衰弱のように、カードを作り、単語を思えてもらいます。例えば、appleはリンゴですが、一枚のカードの裏にAを大きく書き、その下に少し小さめにappleと書きます。別のカードにはリンゴの絵をかきます。絵は子供に書いてもらい、一緒に作って楽しんでもらうのもいいかと思います。このようなものを全部のアルファベットA~Zまでを作ります。このゲームを何度もしているうちに、単語は覚えれるでしょう。同時に、ローマ字を覚えてもらいます。ノートに身近なものをローマ字で書いて、その下に練習してもらいます。例えば、自分の名前、家族の名前、好きな食べ物、キャラクターなどその子供にあった、興味のあるものを使うと良いです。その段階が終わると、英語の簡単な挨拶から入り、あとは、文や文法をドリルやプリントを使ってやっていきます。だいぶ慣れてきたら英検5級の問題をさせるのもいいかと思います。

 

英語の学習は効果はあった?

英語を楽しんでもらうのも大切ですが、中学校になると必ずテストやワークなどで座って書くという作業が待っています。小学校の内から書くことに慣れさす必要があります。ですので、こういった書くという習慣をつけさせる古いタイプの勉強は、英語だけでなく他の常識としても、効果があったと思います。

 

 

神奈川県60代中学生の頃

 

当時は、小学校はまだ英語の科目がなかった時なので、その時に通っていた塾での英語学習のことを書きます。塾では、必ず、宿題がだされたので、その宿題をすることと、塾で解答が分かった時はその復習をしました。また、音読の練習をすることも宿題だったので、口に出して、何度も課題テキストを読みました。
主な学習は、教科書や副教材をやることでした。まず、予定の範囲を読んで、新単語を、書き取り、辞書で一つ一つ引いて、それを書き取りました。その後、繰返し、その単語の書き取り練習をしながら、覚えるました。覚えきることができなくとも余り気にせず、ただ、何度も繰り返し、ノートに書き取りながら、覚えて行きました。当時は、紙の辞書で単語をひき、意味を書いて、その例題を全部読む、そういうふうに進めるので、新単語を調べるだけでかなりの時間が掛る作業でした。その単語調べが、英語勉強の7分当たりを占めた印象をもっています。
英語に興味をもち、塾に通うようになって出た宿題やテストは、学校のようにテスト結果の一点一点が、成績に影響する訳ではないので、結構、気楽に楽しく勉強できた記憶があります。
この頃の、自宅学習は、指定範囲のテキストの、単語調べ、音読、課題問題をすること、その後の、復習をすること、単語テストの準備で、その中でも一番時間がかかって、負担になったのは、辞書をつかった、単語調べでした。それを充分するかできないで諦めてしまうかが、英語を好きになるかならないかを分けたのかもしれません。

英語の学習は効果はあった?

はい。その時代は、音源が身近にありませんでした。だから、辞書を中心とした勉強方法になるのは仕方なかったかもしれませんが、辞書を繰り返し使用し、調べながらじっくりするんでいくことは、ある意味、着実に前進していくことになるので、その意味では、高価があったと思います。今のように、リスニングの機会が身近にあると更によかったとは思いますが。

 

 

 

千葉県40代お母さん

現在小学校2年生の息子ですが、幼稚園の年長の頃から1年半、近所にある英語スクールに通っていました。そこでは日本人の先生が(きちんとした資格あり)教材をもとに、英語のアルファベットから始まりゲーム感覚で、身近なものの名前を覚えさせてくれました。例えば野菜の名前だったら、八百屋さんごっこを通して「〇〇を2つください」「はい、どうぞ」といったやりとりを、遊び感覚で英語で学びました。そこを卒業し、ある程度英語に耳を慣らさせてから、オンライン英会話を自宅学習として取り入れ始めました。週に1回、自宅で30分、フィリピンの先生とスカイプを通じて英会話のレッスンをします。先生たちはちゃんと訓練されており、子供に慣れていそうな先生をこちらで選んで時間を予約するというシステムです。口コミを通じて先生方の評価を見ることができるので、どの先生に習わせるかを選ぶことができます。決められた教材もあり、そこには簡単な会話のやりとりが載っているので、子供の進捗状況に合わせてレッスンを行ってくれるます。出来たら凄く褒めてくれるし、子供の扱いにも慣れた先生が多いです。そして、発音が日本人のイントネーションとちがい、ネイティブに近い英会話レッスンを受けられるのが魅力的です。

 

 

英語の学習は効果はあった?

 

やはり生の外国の先生とやりとりが出来るというのは、子供にとってもとても自身につながるようです。そして、毎回違う先生のレッスンを受けることができるので、偏りのない、幅広いセンスに満ちたレッスンを受けられます。今のところ、子供にとってとても効果があるので、いつか外国に行って実践させてあげたいです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です